その涙は何なのか…。

その涙は何なのか…。

男性の涙と言えばくやし泣きなどの清々しい涙があります。

野球やサッカーなど、スポーツ選手の姿を見ていると感動を覚えます。

もちろん女性の方でもスポーツや何かに取り組んでいる方の涙は、こちらまでもらい泣きをしそうになる程感動を覚えます。

普段は流す事の無い涙だからこそ、心に染みるのだと思いますね。

しかし涙でも厄介な涙があります。

それは恋愛面や仕事面などでの涙です。

恋人と喧嘩をしたり、職場で怒られた後の涙…。

泣いている方は悲しい気持ちで泣いているのでしょうが、泣かしてしまったこちらはどうする事も出来ません。

私の女友達もよく恋人と喧嘩をすると泣く事があるそうです。

「泣く程辛かったのか…」と思い話を聞いていると…。

心の黒い部分を覗いてしまった事があります。

私の友人は涙を武器として使っていると言っていました(^^;)

女の涙は時に武器となると言われていますが…。

まさか本当に武器にしている人が居るとは思いませんでした。

しかし友人曰く泣く事により、男性よりも有利な立場に立つ事が出来るそうです。

泣く事により相手に「悪い事をした」と思わせるのがポイントだと言います。

何て腹の黒い女性なんだと思わず尊敬してしまいました。

私はどちらかと言うと、恋人と喧嘩をして泣く方ではありません。

逆にこちらが怒りすぎて泣かしてしまう事もあります。

付き合っていた男性にもよりますが、男性も強く怒ると泣く事があるのです。

何故か私は気の弱い男性と付き合う事が多いのか…。

自分が涙を見せる前に相手が涙を流してしまいます。

そして私も同じように「自分が悪い」と思ってしまう事があります。

今では涙と言うのは女の武器だけでは無くなったのだと思いますね。

女の涙と言えば、以前一度だけ衝撃な瞬間を見た事がありました。

友人カップルと一緒に食事をしていた時の事です。

ちょっとした会話のやりとりが原因になり、カップルの喧嘩が始まりました。

私は第三者なので、喧嘩が止むまでは放っておこうと思っていました。

喧嘩は止む事が無く、そのままエスカレートしました。

そして友人カップルの女性の方が先に俯き、泣き出してしまったのです。

急いで慰めようとすると…。

さっきまで泣いていた友人は、逆ギレをしてしまいそのまま恋人を泣かす事になりました。

さっきまでの涙は何だったんだろうと思ってしまった瞬間でした(-w-;)

トヨタ86の値引き

体で一番自信がある部位

アメーバニュースに「足首?胸?女子に聞く『一番自信がある部位とその見せ方』」という記事がありました。

この時期は露出も高めになりますからね!

自信がある部分があったら見せたいのは当然ですよね?

しかも、全て見せるのではなく、チラッと見せるのが一番綺麗に見えるから、研究も怠れません。

なんて、そんなのはひと昔前の話ですが…f^_^;

本当は今でも見せたい部分はありますが、今の見にくい体ではどうしようもないので、痩せたらまた見せたいと思います。

色々な女性の自信がある部位と見せ方が載っていました。

それは置いておいて、私がかつてやっていたものを書いてみたいと思います。

私の自信があった部位は、自他共に認めていた脚です。

モデルのような棒脚ではなく、適度に筋肉もある理想的な脚でした(過去形)。

有難いことに、胴短脚長タイプの体型なので、ミニスカートは絶対でした。

だからと言って、イヤらしさを強調させるようなスカートではありません。

膝上10cmくらいを目安としたミニスカートで、今で言う絶対領域から下を見せるようにしていました。

そこにヒール5~7cmのサンダルやミュールを合わせると、自分で言うのもなんですが、カッコイイ見せ脚が出来上がります。

これで身長が160cmくらいあったら、完璧に振り替えられる女性だったでしょうね。

残念ながら、ヒールをプラスしても150cmに到達するくらいの小ささ(笑)。

子どもの頃に食べなかったことを後悔しています。

今は太るだけですから…。

そして、もう1つ自信がある部位は胸です。

学生の頃はそれほど大きくなかったのに、痩せたり太ったりを繰り返したら、BからDにアップしました。

その後も胸の脂肪だけは落ちず、今ではD~Eを保っています。

この胸を強調しないわけにはいきません。

でも、ガッツリ見せるのもおかしな話です。

女性の憧れ“ボン、キュッ、ボン”体型を作り出すために、胸の膨らみが綺麗に出てウェストを絞ってあるワンピースを着ることにしていました。

これだとイヤらしさが全くないし、それでいて体の線が綺麗に出るので、スタイルの良い人に見えるのです。

ああ、懐かしき過去よ!

今でもファッションの好みはほぼ変わっていないので、あの頃の体型に戻るように頑張りたいと思います。